リトミックって?

リトミックって?

音楽教育法として確立されたリトミック
今では、幼児の総合音楽教育として定着しているリトミックですが、もともとはスイスの作曲家・音楽教育家である、エミール・ジャック=ダルクローズ(1865~1950)が提唱した音楽教育法の考え方です。音楽の楽しさを身体いっぱいに感じ、心の動きを全身で表現することを通して、心と身体の調和をはかる、ということが目的の一つでもあります。現在日本では、音楽に限定せず、ダンスや演劇、障害時教育など幅広い分野で応用されています。

将来を育てるリトミック
音楽が私達にもたらすものは多く、また、音楽を使ったリトミックを3歳までの時期に行うということには意味があります。3歳までは聴感覚・記憶力・思考力などの能力が急速に発達し、沢山の物事を吸収する時期です。またこの時期は音に興味をもち、新しい言葉も次々と覚えていきます。様々な音楽を聴き、歌い、弾く体験を重ねることで、言葉と同じように音感も自然に、そして理想的に育っていくのです。

リトミックで得られるものって?

♪可能性
リトミックは、音楽やダンスに必要な音感・リズム感・表現力、また社会に出たときに求められる協調性や自発性など、多くの力を身につけることができます。将来何かやりたいことを見付けた時に、その一つ一つの力は必ず活かすことができます。sheer Kidsは、そんな可能性を少しでも多くのお子様たちに届けていきます。

♪感性

音楽を聴き、感じた心の動きを音楽にのせて表現することで、聴く耳表現力が得られます。また、音楽に合わせて一定の速さで拍子・リズムを保つことで、リズム感も自然に身についていきます。

♪知性
※色、形、ことば、数などを認識することで、知的能力を養うほか、物を注意深く見る事で探究心観察力を育てることが出来ます。
※音楽やリズムを全身で表現することで音楽的要素を理解し、音感(リズム・拍子・音程等)を習得することで、集中力瞬発力などを高める効果があると言われています。
※リトミックは音楽を聴き様々なイメージを膨らませることを大切にしています。一人一人感じたことを身体で表現することで創造性が生まれます。
♪社会性
※グループレッスンでは、周りのお友達と一緒にリトミック活動を行うことで、協調性思いやりなど、社会性の基礎を築くことが出来ます。
※自分の役割を考え動くことによって自主性積極性も身につきます。

免責事項

当サイトのご利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を負わないものとします。
また、レッスン中に生じた盗難、怪我その他事故についても、当教室に故意または重過失がない限り、責任は負わないものとします。お子様同士の当スクール内外でのトラブルについても同様とします。
Powered by Flips
編 集