リトミックコラム⑮

リトミック教室、どうやって選んだらいい?

リトミックとは、体を動かすなど子供たちが音を体で感じ、楽しむことができるように工夫された音楽教育方法のことです。
大手の楽器教室、音楽教室がこのリトミック教室をおこなっています。
ちいさなころから、本物の楽器の音、体で音を表現することを自然に学び、豊かな情操を養うことができるというコンセプトのもと、それぞれの音楽教室が研究を重ねたリトミック教室を行っています。

でももし、ご自分のお子さんをリトミック教室に通わせたくても、いったいどこがいいの?一か月あたりの授業料っていくらくらいなの?などなど疑問がわいてきますよね。
今日はそんな声にお応えして、リトミック教室の選び方について書いてみたいと思います。

リトミック教室を行っているのは、さきほどふれたようにまずは音楽教室です。大手の音楽教室から個人でピアノなどを教えていらっしゃる先生のなかでも幼児向けにリトミック教室を開催されている先生がいらっしゃいます。そして、英会話などの教室とあわせていわゆる英才教育系の教室を経営している教育研究所、カルチャースクールなどが行っている場合もあります。教育研究所がおこなっているリトミックは、それぞれの教育体系にリトミックが組み込まれている場合もあるので、リトミックだけを受講したい場合は独立した教室があるかどうか確認してくださいね。英語を使ったリトミック教室も、言葉に重きを置くのか音に重きを置くのか、教室によりその雰囲気が違います。

それから対象年齢も、まちまちです。対象年齢を3歳から〜としている場合もあれば、0歳児の赤ちゃんからという教室もあります。大手の音楽教室ではたいてい後者のようですが、最初にお子さんを通わせるのにあうレッスンがあるかどうかにも注意してくださいね。

そして気になる授業料は5千円〜6千円が大体の大体のレッスン料金のようです。もちろんこれより安いところもありますし、高いところもあります。教材費が月謝に含まれているのかどうか、別料金の場合もありますので注意が必要です。
入学金がかかる場合もありますので、その点も注意してください。
春や秋などならばリトミック教室がキャンペーンで入学金やレッスン料金を割り引いてくれる場合もあるようです。
こういった特典も是非活用したいものです!

まずは、見学、体験教室を申し込んでみてください。実際に行ってみると、子供の反応がママと二人だけの時と違ったりもしますし、お友達の中で音を楽しむ良さをママ自身が気づくきっかけにもなります。特に0歳児〜1歳児の場合は親子でのレッスンになりますので、ママが雰囲気イイなと思える教室を選ぶのも大切。
いいリトミック教室で、楽しい音の出会いを親子で体験できるといいですね。

リトミックで人間力を養ないましょう

リトミックとはスイスの作曲家エミル・ジャック・ダルクローズが考案した音楽教育の方法です。自身の生徒たちが譜面どおりに楽器を弾けているけれども、どことなく心がこもっておらず表現しきれていないような事が多い事を感じたダルクローズが、楽器を弾くという技術を勉強する前にもっと感覚的なものを養おうと考案しました。その感覚を養うために音楽と運動を合わせ、音を聞いて体を動かす事で音感やリズム感、自己表現力など様々な感覚を体で覚え、そして音楽ってこんなに楽しいものなのだ、と体で音楽を深く知ることができるという効果があります。 
 この音楽学生に考えられたリトミックもただ音楽に対しての発達を促すだけでなく、身体や脳の発達、判断力や集中力、人間関係への効果など付随したものが大変に得られるということもあり、特に乳幼児の教育現場に取り入れられています。乳幼児のリトミックとは一体どんなことをするのでしょうか。
 リトミック内容は教室によって独自のカリキュラムがありますが、基本的には音楽に合わせて心身の発達を促すというところで一致していると思います。まず首が据わったころの0歳時でのベビーリトミックでは、心地いい音楽を聞きながら、音楽に合わせてお母さんとのスキンシップを楽しむ事が出来ます。音楽を聞いて聴覚や脳の活性化、またお母さんとのスキンシップからよりよい親子関係も築けます。赤ちゃんだけの心身の発達だけでなくベビーリトミックを通じて、育児に悩むお母さんの心身の調和も取れる効果が得られます。
 幼児期ではそれぞれの年齢に応じたリトミックがあります。音楽に合わせて歩く、走る、ゆっくり歩く、止まるなど耳で聞いて行動することだけで聴覚、集中力、判断力など様々な分野で発達が促されます。動物のものまねやボールや輪を使って音楽とともに体を動かすことで表現力やバランス力、身体の機能も発達を促してくれます。また、お友達同士で集まってリトミックをすることで人間関係の基礎や集団での基礎なども覚える事が出来ます。
 さらに年齢を重ねることで少し複雑なリズムや体の動きも体得できるようになりますし、音楽教室が開いているリトミックでしたら楽器を使ってすることもあるでしょう。音楽教室だけでなく英語教室での英語リトミックというものも大変人気ですから、心身の発達にプラスして英語を体得できると言うメリットもあります。
 いずれにしても子どもたちが体を動かしながら楽しんで出来るリトミックは素晴らしい人間力の基礎を磨いてくれる事に間違いはありません。

リトミックのレッスンとは

リトミックのレッスンでは、お子様が楽しみながら退屈しないように音楽に触れ合って体を動かせるようにと、さまざまな工夫が施されていることが多いです。
リトミックのレッスンは、無料で体験できるものも多く見られるので、さまざまなリトミック教室を見比べてから実際に申し込むかを決めることが出来ます。
お子様のテンションや、嬉しく感じられるポイントというのは、ひとりひとりによって変化します。
リトミックは、まず楽しむといったことが欠かせません。
音楽を頭の中にかたくなに詰め込んだり学ばせるのではなく、心がほぐれた状態で、五感を活かします。
そして音楽を聞いてリズムに乗せて体を動かします。
音楽を聞いて感じたこと、思ったことなどを、体を動かすときに表現できるので、楽しくて面白いものです。
お子様に合っていて、レッスンの内容が楽しい教室を選べると良いでしょう。
レッスンで注目すべき点と言えば、まず先生です。
2人いる場合は、歌を歌う先生と、ピアノなどの楽器を弾く先生に分かれていることが多いです。
お母様と一緒に参加するリトミック教室の場合、親子で一緒に居ながら、レッスンを満喫できます。
お母様との触れ合いややさしいサポートを受けることによって、人見知りのお子様でも安心することが出来ますし、安定した心の成長を育むことが出来るでしょう。
ピアノや歌に合わせて、お母様と一緒にゆらゆら体を揺らしてみたり、教室を歩いたりします。
音に応じた動きをすることによって、優れたリズム感と運動能力を養うことが出来るでしょう。
また、ただ音楽に合わせて動くだけでなく、自分で楽器を演奏することが出来ます。
演奏できる楽器はカスタネットやマラカスのような手軽なものもありますが、教室によっては大きな太鼓や、タンバリンや鈴のようなものなど、バラエティに富んでいます。
こちらもピアノや歌に合わせて、たたいたり振ったりすることによって、音感を養いながら心から楽しむことが出来ます。
そして、リトミック教室の魅力といえば、言葉を学ぶ場としても役立つことです。
小さいお子様方のリトミックのレッスンでは、起き上がったり寝転んだりして「おやすみ」や「おはよう」と言い合ったり、リズムを早くしたり遅くしたりしながら慣れ親しんだわらべうたを聞いたり歌ったり、お子様にとってなじみ深い「いないいないばあ」もよく使われています。
幼稚園や保育園でよく歌う曲が用いられていることが多く、お子様にとってもすんなりと音楽を身近に感じられるように工夫されていることが多いので、安心です。
リトミック教室では、お子様みんなでダンスをしたり、言葉を使ったりと、楽しみながら音楽、ことば、思考力など、体や脳や心などいろいろな面を成長させることが出来ます。

免責事項

当サイトのご利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を負わないものとします。
また、レッスン中に生じた盗難、怪我その他事故についても、当教室に故意または重過失がない限り、責任は負わないものとします。お子様同士の当スクール内外でのトラブルについても同様とします。
Powered by Flips
編 集