リトミックコラム⑰

リトミックっておもしろい

音楽を聞いて、感じるままに自由に体を動かす。
これがリトミックの要点です。

聞こえてくるリズムに、思うままに体を動かしていきます。
奏でる音楽がどのような動作に合いそうか、自分で考えるので、不正解はありません。
ドーン、ドーンと低音の力強い音。
ポロン、ポロンと高音のリズミカルな音。

象になって鼻をぶらんぶらんさせたり、ネズミになってちょこちょこ小走りしたり、
子供と一緒にお母さんやお父さんも真剣です。

「水族館」など、テーマを決めて音楽が流れる場合もあります。
穏やかなやさしいリズムでは、大きな魚になって優雅に泳ぎ、
ドキドキ、ハラハラするリズムでは、天敵が近づいて来たので急いで泳いで逃げる。
みんな思い思いの受け取り方で表現をします。

大人は先入観があるのか、リズムのイメージが同じような受け止め方になりがちですが、
子供達は柔軟な発想で、とても楽しそうに参加しています。
羞恥心がないのも良いのでしょう。
大人も子供に戻って、同じ感覚で本気で挑むとなかなか楽しいです。
親子で一緒に楽しむ事ができるのもリトミックの魅力です。

楽器に触れさせてもらう事もあります。
ちょっと変わった民族楽器などは、登場しただけでも子供達の歓声が上がります。
小さなたいこの様な楽器を大きく叩いたり、小さく叩いたりして
音の違いを感じながら、好きなリズムを奏でる事がわかると、
子供達はみんな目をキラキラさせて挑みます。

リトミックは、音楽の感覚を体全体で感じながら身につけて行く事ができるのです。
勉強や学習というよりは、遊びの延長でそれを得る事ができるプログラムです。
難しく考える事はありません。
何より、音楽があれば家でもできる手軽さもポイントです。
要点を覚えれば、あとは自宅でも子供の要望通りに一緒に遊べます。
道具がなくても、逆に身近にあるボールやおもちゃなどの道具を使っても、
どちらでも世界が広がって楽しめます。

リトミックは音楽教室やリトミック教室で行っていますが、
地域の子育てセンターや子育てサロンなどでも行っている場合が多いです。
参加無料の所や、無料体験を実施している教室もあるので、
お住まいの地域で調べてみると良いと思います。
たくさんの子供達と一緒に行ったり、親子で行ったり、お父さんとの回など、
様々なテーマで開催しています。
お母さん達の友好が広がって、情報交換の場になる事もあります。

小さい子供のうちから音楽に親しんで、自己表現ができるようになるリトミックは
本当におもしろいです。

幼少期にリトミックをお勧めする理由

「リトミック」という言葉をご存知でしょうか。友だちから、あるいは芸能人や著名人のブログなどで子どもの習い事としてリトミックという名前を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。リトミックとは英語と思っている方も多いのですが、実はフランス語なのです。リトミックを考案したのはスイスの音楽研究科ダルクローズという人です。簡単に説明すると、思ったままに音楽に合わせて自分を表現する手法のことです。これはピアノレッスンなどとは大きく異なり、人間の体が自然に音楽に反応する生体に着目し、人間教育の一環として音楽を使ったものです。ダンスレッスンとも異なります。ダンスは体を鍛えたりすしてそのダンスの技量も関係してきますが、リトミックは単に音楽に合わせて心身ともに表現する、つまり創造性や想像性などを広げたり高めたりすることに重きが置かれています。それで同じ音楽を聴いても、その子によって動きは異なります。感じる子もいなければ感じない子もいますがそれでよいのです。音感や音楽の持つ素晴らしさを自由に体感していき、それらが発展して、ピアノを習ったり、ダンスの基礎となったり、スポーツに生かすなどまたそれぞれがリトミックで培った感覚を別の分野にまで生かすことができます。つまり、無限大の可能性を持つ音楽教育と言えるのです。昔から、音楽は心を癒す方法としても使われてきました。音楽は、心身の調和を図る目的でも有用とされているのです。幼少期から心をリラックスさせ満たされた状態でいるのは非常に大切なことです。その上で想像力や表現力、集中力を働かせることができるのです。音楽そのものを学ぶことにより、体と心、未知なる可能性を引き出す仕事をします。リトミックを始めるのは早いお子さんで2歳前くらいから、また3歳の誕生日を迎えてからというケースが多いようです。理由としては、子ども自身が指導者の話を理解したり、その通りに動ける年齢になっているということですね。コミュニケーションが取れるようになってからリトミックレッスンを受けることが多いのですが、中には片言の言葉が出る1歳半のお子さんを受け入れいてる教室もあります。それでも子どもが音楽に合わせて手足を動かすのを見るとき、親はとても嬉しい一時となるでしょう。音楽から何かを感じ喜びや興奮などの反応を表し、大切な時期の感情面を刺激することができます。小学校を上がるまでに子どもの性格の大まかな分野は確立されていると言われています。幼少期にリトミックをおすすめするのはこのような理由からです。リトミックは無限大の可能性を秘めた音楽を用いた人間教育プログラムと言い換えることができます。

免責事項

当サイトのご利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を負わないものとします。
また、レッスン中に生じた盗難、怪我その他事故についても、当教室に故意または重過失がない限り、責任は負わないものとします。お子様同士の当スクール内外でのトラブルについても同様とします。
Powered by Flips
編 集